dTVのコスパが最強すぎ?メリット・デメリットを一挙紹介

動画配信サービスで国内でのシェア率が多いdTV.

月額550円でドラマ、アニメ、マンガなど12万以上の作品を視聴できるコスパの良さが特徴的である。

今回はdTVのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思う。

dTVはどんなサービス?

dTVはNTTドコモとエイベックスが提供している動画配信サービスである。

月額は550円でコンテンツ数は12以上の作品があり、あのAmazonプライムと同じくらいの安さでありコスパが高い。

作品のジャンルは映画、ドラマ、アニメなど多岐にわたる。

2020年には20世紀スタジオ、ディズニーなどのカテゴリが増えかなり豊富な作品が見放題になっている。

dTVの特徴

コンテンツが豊富

dTVの特徴はコンテンツの豊富さである。

他のVODとして有名なHulu、FOD、U-NEXと比較しても作品数はかなり豊富。

dTVは12万本以上で他のVODより内容が多めになっている。

U-NEXTは月額が2189円と少し高いので、dTVは一番コスパの良い動画配信サービスかもしれない。

内容も充実

コンテンツがかなり多くても好きなジャンルがあるとは限らない。

動画配信サービスによって充実しているジャンルが違うので特徴は知っておきたい。

dTVでユーザー評価が高いコンテンツを見ていきたいと思う。

アニメは人気

他のサービスと同じ人気アニメが勢ぞろいしている。

dTVのランキングでは『進撃の巨人』『呪術廻戦』といったアニメがランキング上位に入っている。

見逃し配信でアニメが見れるのが大きな強みになっているみたいである。

韓ドラが充実

dTVには400以上の韓流・華流が見放題として配信されている。

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』『青い海の伝説』のような純愛ストーリーや『君の声が聞こえる』などの愛憎劇と名作や話題作が月500円程度で見放題で楽しめる。

オリジナルコンテンツも力を入れてる

dTVはオリジナルコンテンツにもかなり力を入れている。

『dTVオリジナルドラマ銀魂』は銀魂の原作ファンの支持を受けているギャグ集が映像化した人気作品や5人組の人気ダンス&ボーカルグループのDa-iCEが主役の『Da-iCEのヂカラ』などがある。

これらはdTV以外では決して見ることのできないバラエティ、オリジナルドラマが多数配信されていて話題を呼んでいる。

漫画も読める

進撃の巨人や闇金ウシジマくんなど、人気漫画も読み放題になっている。

ジャンルも少年・少女・青年とジャンルが多数あり楽しむことができる。

音楽コンテンツも充実

dTVは音楽の大手会社のエイベックスも制作しているので、avexグループい所属しているアーティストならライブ映像やミュージックビデオも見放題になっている。

エイベックスには宇多田ヒカル、official髭男dism、BTS、三代目J Soul Brothersと人気アーティストが多く所属している。

また、カラオケ映像があり自宅でカラオケを楽しむことができるため今の時期にぴったりなVODでもある。

マルチデバイスで使用できる

dTVはスマホやタブレットやパソコンの他にテレビにも対応している。

テレビので視聴する方法は至って簡単でBlu-rayプレーヤーやBlu-rayレコーダーがあればすぐに視聴することができる。

オフライン再生ができる

他の動画配信サービスと同じようにオフライン再生の機能も常備されていて、wifiの通信料や電波を気にせず動画を視聴できる。

ただ、ミュージックビデオやライブ映像にはオフライン再生ができないものもあるので注意しておこう。

dTVの弱点

新作も見れて作品も豊富だが、個別課金する場合もある

話題の映画、ドラマを楽しめるが大体は1話200円以上と各々視聴期限があるものが多い。

映画の2,3本は大した金額にはならないが、新作のシリーズ(約20話)を一気見するとなると4000円以上はかかる。

見放題だから登録したのに月額以上の金額を払ってまでも見たくないと思う人はたくさんいるはず。

そのためdTV加入前には海外ドラマが見放題に入っているかを事前に確認しておいた方がいいかもしれない。

複数デバイスで視聴できない

dTVは1つのアカウントで複数のデバイスで視聴することができない。

他のVODのU-NEXTは4台、Netflixはスタンダードで2台、プレミアで4台、Amazonプライムは3台まで同時に視聴することができる。

dTVの解約・退会方法

無料トライアルであまりお得に感じないということであれば、料金なしで解約することができる。そのさい、タイミングを少々気を付ける必要がある。

特にiphoneでdTVの無料トライアルしている人はアプリ版には解約メニューがないためweb版にアクセスする必要がある。

Android端末ではアプリのメニューから『アカウント』→『退会』の順で解約される。

dTVは解約するとすぐ見放題、ダウンロード作品が見れなくなる。サービスを最大限活用するためには無料トライアルの期間終了間近、会員は月末が一番いいタイミングである。

まとめ

今回はdTVのサービス内容メリットやデメリットについて紹介してきた。

dTVのメリットは

・コンテンツが豊富

・内容も充実

・オリジナルコンテンツも力を入れてる

というメリットがある。

逆にデメリットは

・新作のシリーズの課金額が少し高い

・複数デバイスで視聴できない点が挙げられた。

おすすめの記事